そのスタック・アンド・チルト間違ってますよ

 

今回は、当初クラブ相談に来店されたお客様でしたが、どういう状況で現在ゴルフをしているかを聞いてからスイングを拝見してみると、クラブの問題ではなく、スイングの問題ですということになったお客様です。

まず、このお客様はキャリアは3年、毎週レッスンに1~2年通ってスタックアンドチルトを教えてもらっていました。

お客様のスコアは少し前まで120位。最近110が切れることも時々あるとのことでした。

そこで、まずはレッスン前のスイングです。

こうして動画で見ると意外と普通に見えるかもしれません。

ですが9番アイアンで80ヤードくらいしか飛んでいません。

今回のお客様は若くて、体も大きく飛ばない要素がありません。

元々私はオーストラリアで2年間ゴルフを学んでおり、また、世田谷の練習場の中にお店を構えていたときの練習場のレッスンプロのジョンさんはスタックアンドチルトを教えていたので、この理論のことはある程度わかっています。

そのためお客様のスイングの問題点は、このスタックアンドチルトの誤解釈にあるとわかりました。

そこで、とりあえず私の言うとおりに打って欲しいとスイングを変えていきました。

翌週のレッスン時のスイングです。

レッスン2回目なので、直さなければいけないところは他にもありますが、スイングが全然変わりました。

何より飛距離が9Iで80ヤードから130ヤードに、7Iは165ヤードまで飛ぶようになりました。

この7Iの飛距離はレッスン前のドライバーの飛距離とほとんど変わらないので大きな変化となりました。

そしてドライバーはボール初速60m/sを超え250ヤード以上になりました。

 

このレッスンの後、お客様からメールをいただきました。


今日はありがとうございました。

あの後、打ちっぱなしに早速行ってみたのですが、ドライバー、アイアン共に今まで全く見たことのない弾道に変わっていました。驚きました。ドライバーも非常に良かったです。またもう少し練習して、フォームに慣れて、次回の日曜日に伺いたいと思っております。

 


 

真面目にゴルフに取り組んで数年やっても100が切れないのであれば、何か練習方法を勘違いをしていることが大いに考えられます。

ぜひ皆様も悩みがあればレッスンの受講をご検討いただければと思います。

 

(注)動画は店舗でレッスンしていた時の物を使っています。現在は練習場でのレッスンになります。

Posted by まさ先生